芦屋のお好み焼・鉄板焼 あえ

クレジットカードご利用頂けます。

元タクシー運転手の独り言ブログ~タクシーの事故編①~

  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~タクシーの事故編①~をgoogle+でシェア
  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~タクシーの事故編①~をはてなブックマークでシェア
  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~タクシーの事故編①~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

本日もお好み焼・鉄板焼 あえ のホームページにお越し下さいましてありがとうございます。

最近気温が安定せずに体調を崩している方も多くいらっしゃると思います。

当店もマッマが久しぶりの体調不良で少々お疲れ気味の様子です。

我が家も長男が2週間に1度くらいの勢いで風邪をひいてしまい、最近よく病院に行っている気がしてなりません。

まだまだ寒くなるとはおもいますが、寒い日は熱いお好み焼でも食べて体を温めてください。

と初めて枕部分で店に来てください的な事を書いたような気がするシゲが本日も更新させていただきます。

福岡で起こったタクシー事故



多く報道されているので、知らない人はまずいないと思いますが、念には念を入れて事故の事をさわりだけ書かせていただきます。


福岡市博多区の原三信(はらさんしん)病院という総合病院の東館にあるラウンジに、個人タクシーが突っ込んで10名もの人が死傷した事故です。


先ずこの事故で亡くなられた3名の方のご冥福をお祈りいたします。

そして怪我をされた方々の一刻も早い回復を心よりお祈りいたします。



今回のこの最悪な事故は何故起こってしまったのでしょうか。

事故を起こした運転手の松岡龍生容疑者(64)は事故を回避する事が出来なかったのでしょうか。

事故原因が何であるのかは調査中という事ですが、仮に車の不具合が原因だとしても、この事故の形は最悪の結果としか言えません。

そもそもタクシー運転手は運転が上手いのか



今まで私がタクシー運転手を見ていて、タクシー運転手の全員が全員運転が上手いとは思えません。


この様な書き方をすると、『基本的に上手いが、下手な人もいる』という様にとられる方もいるかもしれないので、もう少しオブラートをはがしてみたいと思います。


私が個人的にタクシーを呼んで移動する際、私のいた会社には100名以上運転手がいますが、その中からピックアップして呼ぶ運転手は5名です。

その5名は当然仲が良かったという事もありますが、私と家族が乗るタクシーを運転する人は、やはり安全性の高い人を選びます。

少々オブラートを剥がしすぎてしまった感はありますが、私の思う運転手のレベルはこんなもんです。


ではタクシー運転手と一般ドライバーの違いは何なのでしょうか。


抜け道と信号の繋ぎ、地名やマンション名をよく知っているという所ではないでしょうか。

ですので、基本的に運転手の運転のレベルは、自分のお父さんとさして変わらないと思っていただいても問題ないかと思います。

タクシー運転手の重大事故回避術



確かに稀ではありますが、車のトラブル等で車を運転手が制御出来なくなる事が起こらないという保証はありません。

という事で、タクシー運転手は車の制御が出来なくなった場合の車の止め方を教えてもらいます。


もし、アクセルから足を離してもエンジンの回転数が下がらない場合は、当然ギアをN(ニュートラル)に入れます。

すると、当然エンジンの回転数はさがりませんが、車はブレーキで止まります。


ではブレーキを踏んでも車が止まらない場合はどうすればいいのか。


とりあえずハザードをたきながら左に寄って、少しずつサイドブレーキを引いていきます。

若干ぎこちない止まり方ではありますが、とりあえず止まります。


さて、では今回のような電子制御されている車でのトラブルの場合はどうすればいいのでしょうか。


私たちが教えられたのは、『壁やガードレールに左側面を当てて減速させる』です。

それでも止まらない場合は人の居ない場所に突っ込むか、電柱に突っ込むです。

完全な力技ではありますが、今回の様に人様を殺してしまう事を考えたらよっぽど優しい止まり方です。


私は今回の事故を見て、『何故人の居ない場所を選ばなかったのか』が謎で仕方ありません。


まして、立ち寄ったトイレから病院までのルートを見てみると、病院手前の左側におあつらえ向きの壁と電柱がしっかり立っていました。

テンパっていたらそんな事考えられるはずがないと言う方もいらっしゃるかとは思いますが、そこも一種免許と二種免許の違いでなければいけないのではないかと思っています。

個人タクシーになる為に



基本的に、個人タクシーになるにはそれなりに厳しい条件があります。

タクシー運転手の経験が必要なのはもちろんの事ですが、それなりに難しい地理試験も有りますし、法令法規の試験も有ります。

何より申請日から過去5年間無事故無違反でなければいけません。


私もタクシー歴が6年半あるので、あと3年半で個人タクシーの資格を取る資格(地理試験免除)は手にする事が出来ます。

しかし残念ながら、無事故無違反の方が無理なので取る事はありませんし、現在乗っていないので意味ありませんけどね。

という事で、個人タクシーの運転手は一般の運転手よりは、安全であるとはおもいます。


とは言っても、今回の様な時に車の事を考えたり、電柱の弁済費用の事等が頭に少しでもよぎってしまったら判断が遅れてしまうという可能性もありますよね。

タクシーの三大義務



タクシーという商売には三大義務という物が存在しています。


・安全
・安心
・迅速


この三つです。


私の経験からですが、タクシーの運転手さんはこの三大義務を忘れている方が多い様な気がしてなりません。

当然と言えば当然なのですが、売り上げの事にばかり気をとられてしまって、本当に大切な事は何であるのかを見失っている人が多く存在している様に思えてなりません。

今後タクシーという移動手段が、公共交通機関として世間の皆様に認知していただくには、この三大義務をしっかり心に刻んで毎日の乗務に励んでいただける人が増えなければいけないと思っています。

その様な運転手が増えると、事故の件数も自ずと減っていくのではないでしょうか。

今回の様な悲惨な事故が繰り返されない事を切に願うばかりです。


そして、今回亡くなられた夫婦のお嬢様の今後の人生に幸多からん事を願って本日の締めとさせていただきます。

【続編】元タクシー運転手の独り言~タクシーの事故編①の続き~

  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~タクシーの事故編①~をgoogle+でシェア
  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~タクシーの事故編①~をはてなブックマークでシェア
  • 元タクシー運転手の独り言ブログ~タクシーの事故編①~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

ページトップへ