芦屋のお好み焼・鉄板焼 あえ

クレジットカードご利用頂けます。

子連れで5つ星ホテルに泊まってみた~芦屋育児ブログ親父の戯言~

  • 子連れで5つ星ホテルに泊まってみた~芦屋育児ブログ親父の戯言~をgoogle+でシェア
  • 子連れで5つ星ホテルに泊まってみた~芦屋育児ブログ親父の戯言~をはてなブックマークでシェア
  • 子連れで5つ星ホテルに泊まってみた~芦屋育児ブログ親父の戯言~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

本日もお好み焼・鉄板焼 あえ のブログページにお越しくださいましてありがとうございます。

つい先日ですが、長男の誕生日だったのでちょっと旅行に行ってみました。


旅行なんてものは大抵の人が前々から計画してホテルの予約もしていることでしょう。

私は基本的に計画するのはあまり得意でないので、基本的にギリギリになってしまう事が大半です。

当然今回の旅行も大したプランを立てずに行ってきましたが、それはそれでリフレッシュ出来て楽しかったです。

という事で今回も当然の様にシゲの更新でいかせていただきます。

そもそも5つ星ホテルって何なのさ?


基本的にホテルは3つ星が普通のホテルとされています。

4つ星になると俗に言うところの高級ホテルとなり、5つ星になると超高級ホテルという感じになります。


この様な書き方をすると、接客の質や料理の味など全てにおいて5つ星が圧倒していると思われる方も多いのではないでしょうか。

確かに接客はとても丁寧で気持ちのいいものですが、一昨年泊まった3つ星ホテルもしっかりした接客で、とても気持ちのいいものでした。

おそらくですが、大抵のホテルのフロントやボーイさんはしっかり接客されています。

私はかつてホテルに泊まって接客に関して不快感を覚えた事は記憶にありません。

ではホテルの星の数は何を基準につけられているのでしょうか。

ホテルの評価基準


前述の通り接客や料理は特別関係ありません。


一番作用する事は『設備の充実度』です。

沢山設備が有れば評価が高くなるというとても単純な事で、がっかりしているとは思いますが、それが基準とされているそうです。

とは言っても、とてつもない設備の充実度でもその他のサービスが全く無かったらそれはそれで駄目だそうです。

ホテルサイドの資金力が重要という気がして知ってしまうとちょっと残念ですね。

子連れで5つ星ホテルに行く事になった理由


最初に書かせていただいたように、5つ星ホテルは『超高級』ホテルです。

私の様な下々の者が足を踏み入れるなんてできるわけがないくらい1泊のお値段がお高く設定されています。

決して私は『よし!今回は奮発して5つ星ホテルに泊まろう!』とか言って無理をしたわけではありません。


一番初めに書いた通り私は綿密な計画を立てて今回の旅行に臨んだわけではありません。


ですので、ホテルを前々から予約していたわけではなく、近々で予約をとりました。




当日の朝5時に。




しかも私は寝ていたので妻に予約してもらいました。

ホテルは前々から予約するのも安くとれますが、ご存知の通り近々だとたたき売り状態の値段で泊まる事が出来ます。


私の場合は子供がチェックイン時1歳と5歳だったので大人2人分の値段で泊まらせていただきました。


安くなる前の金額が1泊6万円だったのに対して、私が支払った金額は1.9万円。

しかもここには長男の朝食代金1,500円が乗っています。

因みに大人の朝食代(1人2,300円)は既に料金に入っています。


部屋代金だけで6万円ほどするのに、朝食までついてこの安さは泊まってみたくなりませんか?

5つ星ホテルで安く泊まって贅沢な気分になれるという中々お得な感じがしたので、私達はそのホテルに泊まる事にしました。

5つ星ホテルに泊まってみて


別にディスっているわけではないのですが、ホテル名や写真は載せないでおきたいと思います。


ホテルはとにかく素晴らしいの一言でした。

ロビーの雰囲気やフロントのお姉さん、ボーイさんの接客と、とても気持ちのいいもので、『5つ星ホテルというだけの事はあるな。』と感じさせていただきました。


全室禁煙となっているので、私が煙草を吸おうと思って夜中に喫煙室へ向かって歩いていると、ボーイさんが寄ってきて『眠れませんか?何かお手伝いできる事はありますか?』と聞いてきました。

寝るのに対してお手伝いと言われても『じゃぁ背中をトントンしてください。』くらいしか言葉が思いつかなかったので、『煙草を吸いたいだけなので、特に必要ありません。』ととても適当に返してしまいました。


朝食もとてもおいしくいただいて、満足の内容で良いお金の使い方をしたなと妻と二人なら思っていたにちがいありません。

子供を連れていくという事


とにかく子供は声が大きいです。

普段と違う場所でお泊りするというだけでも大興奮ですからね。

ロビーではクラッシック音楽が流れて、とても静かな空間で1歳の下の子は『あ¨!』みたいな事を超爆音で連発します。

上の子も子供用アメニティーグッズの袋をもらって『ありがとう!』と爆音で言ったのは良かったのですが、その後に『なんやこれ?』と同じくらいの爆音で言います。

普段なら何ら気にならない事ですが、5つ星ホテルのロビーでは異質に感じてしかたありません。

とにかく他の利用者さんにご迷惑をかけないようにと緊張しながら過ごしていました。


食事の時なんて周りのテーブルが皆さん外国の方だったので、日本の恥にならない様に頑張って気を使っていました。

気にしすぎと言われる方もいらっしゃるとは思いますが、そのホテル自体が醸し出す雰囲気がそうさせてくるので、『静かにしなさいよ!行儀よくしなさいよ!』と言われて子供たちは楽しくなかったかもしれません。

安く泊まれるからといって…



宿代は安く取れますが、問題は食事代です。

そんなもん外で食べれば良いじゃないかと思われると思いますし、私も当然の様に外に食べに行きました。


否、食べに行かざるを得ませんでした。


当然京都は不案内なので、近所に何があるかなんてわかりません。

面倒なのでホテルのレストランで夕食たべようかと思ってリサーチに行きました。




コース30,000円也




無理やからね。


1食私と妻と長男で90,000円とか払えませんからね。


飲み物は水限定とさせていただいてもその金額です。

しかも税抜価格ですからね。


食べログで調べてタクシー乗ってごはん食べに行きましたともさ。

それでもガッツリ飲んで20,000円以内で収まりましたからね。


5つ星ホテルはやはり上流階級の方々が行く場所なんですね。


部屋に帰ってルームサービス見てびっくりしました。




おにぎりセット3,200円也




おにぎり2個と漬物でその値段とかおにぎりの具はステーキで漬物は老舗の有名な漬物に違いありません。




でも是非いらない。




次回旅行する時は3つ星ホテルにしようと心からおもいました。

  • 子連れで5つ星ホテルに泊まってみた~芦屋育児ブログ親父の戯言~をgoogle+でシェア
  • 子連れで5つ星ホテルに泊まってみた~芦屋育児ブログ親父の戯言~をはてなブックマークでシェア
  • 子連れで5つ星ホテルに泊まってみた~芦屋育児ブログ親父の戯言~をpocketに保存
  • RSS購読を始める

ページトップへ